レッドクリフ 感想

レッドクリフ」という映画を観てきました絵文字名を入力してください


さすがお金がかかっているな~という印象を受けました。

製作費100億円は凄いですね~キラ~ン

内容が戦いだけに、好き嫌いがハッキリしそうな映画です。戦いですので、血が出たり、首が飛んだり、体を突き刺されたりと、R指定がかかっても不思議ではない内容でした。

しかし、今回は戦いというより、呉との人間関係というか同盟を組むまでのストーリーを重視しているように感じました。

曹操や劉備、関羽など多くの英雄が出演していますが、微妙にリアルだなと感じました。アニメやマンガ、ゲームなどの設定にされることも多い三国志ですが、男前になっていたり、美少女になっていたりと、美化されている部分が多いと思います。

しかし、曹操はエロオッサンだし、劉備はさえないし、張飛はクマというように、他の英雄もそこら辺にいる人物といった感じでした汗とか

小僑は綺麗な女性を採用していましたけどね笑2
リン・チーリンという女性で元々はモデルで、映画は初出演みたいですLOVE
~ストーリー~

西暦208年。帝国を支配する曹操(チャン・フォンイー)は、「天下統一」を掲げ、80万の大軍で、対抗勢力に襲いかかる。標的となった劉備軍は、撤退が遅れ、敗走をよぎなくされる。精強ながら、その軍勢わずか2万となり、窮地に追い込まれた劉備に、軍師の孔明(金城武)は、敵軍である孫権と同盟を結ぶことを進言。ひとり孫権の許へ向かう。

孔明の同盟提案に戸惑う、若き皇帝孫権(チャン・チェン)。孔明は、孫権が兄と慕い、事実上のキーパーソンである司令官の周瑜(トニー・レオン)に出会う。始めは孔明に対し疑心暗鬼を抱く周瑜だが、その人柄に触れ、次第に信頼を覚えるようになる。孔明もまた、周瑜のカリスマ性に惹かれ、遂に孫権軍と劉備軍は、同盟を結ぶ。二人の姿に、同盟軍の心も、一つになっていく。

一方、80万の大軍で、決戦の地へと向かう曹操には、秘められたもうひとつの目的があった。それは、絶世の美女と言われる周瑜の妻、小喬(リン・チーリン)を我がものにすることだった。80万の曹操軍に対する連合軍は、わずか5万。圧倒的不利な状況を覆すため、連合軍は、勇気と結束を武器に、孔明の奇策にかけることを決める。歴史に残る大激戦、"赤壁の戦い"の火蓋が切って落とされた。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




関連記事
スポンサーサイト

【theme : 映画
【genre : 映画

tag : 洋画

⇒comment

Secret

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
広告
新着情報
サイト内ランキング
ブログパーツ
FF14新生エオルゼア
相互リンク募集中
コメントかメールにて連絡をお願いします。
リンク
応援お願いします
b_02.gifブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングブログランキング【くつろぐ】アクセスアップ
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お小遣い稼ぎ
ブラウザゲーム
千年戦争アイギス オンラインゲーム かんぱに☆ガールズ オンラインゲーム
広告
最新ゲーム
ブログ
iPad
楽天
その他