「ハンチョウ~神南署安積班~ 4」第6話 感想 ネタバレあり

「ハンチョウ~神南署安積班~ 4」第6話を観ました

店長が変態だったことは笑えましたが、真犯人の青年がバカだったので、知能犯にしてほしかったです

重い罪になるとは考えていなかったバカでしたが、どす黒い青年といった方が個人的には好みでしたね~。


また、塚地がいつも口だけですぐに犯人に逃げられてしまう役立たずなのはリアルで良かったです

ストーリー
午前3時のコンビニで、安積(佐々木蔵之介)が強盗事件に遭遇。機転を利かせた安積は、強盗に気づかないふりをして犯人に近づくと、あっという間に取り押さえ事件を解決する。
 その翌日、安積を名指しで「明後日の午後1時に、東都銀行へ運ばれる2億円を襲撃する犯人を捕まえてほしい」と、若い男から電話が入った。詳しい犯人像を電話の人物に尋ねるが、「自分が通報したことがバレてしまう」と、それを拒んで電話を切ってしまう…。
 話の素振りからすると、電話の男はどうやら、安積がコンビニ強盗を捕まえたのを見ていたようだ。そこで、事件の起きたコンビニの防犯カメラに映っていた映像を調べると、近所のダーツバーの男性店員らしき人物が確認される。

 ほどなく、安積が店を訪ねると、バーテンダーの西田優太(井上正大)は裏口から逃げ出すが、裏口に張り込んでいた水野(黒谷友香)に制止されると、あっさりと通報した事実を認めた。
 その後、西田に事情を聞くが、犯人たちからの報復を恐れ、犯人が特定できる情報は一切話さなかった。がしかし、2億円が運び込まれてくるのは事実だと確認が取れたほか、渋谷のセンター街で拳銃を欲しがっている2人組みがいるという情報も安積班は入手。「犯行を未然に防ぐのも我々の仕事だ」と、安積は内密に捜査を進めることにするが…。


出演者
安積剛志…佐々木蔵之介
村雨秋彦…中村俊介
須田三郎…塚地武雅(ドランクドラゴン)
水野真帆…黒谷友香
黒木和也…賀集利樹
桜井太一郎…山口翔悟
山口友紀子…安めぐみ
安積涼子…渋谷飛鳥
速水直樹…細川茂樹
金子禄朗…田山涼成
高野雄司…宇梶剛士
石倉晴夫…唐十郎


スタッフ
原作…『神南署安積班』他、安積班シリーズ(角川春樹事務所刊)
著者:今野敏
脚本…いとう斗士八 / 大川俊道 / 安井国穂 / 岡芳郎
音楽…遠藤浩二
演出…酒井聖博 / 村田忍 / 竹村謙太郎 / 竹園元(MBS)
プロデューサー…橋本孝 / 遠藤正人
製作…ドリマックス・テレビジョン / TBS

関連記事
スポンサーサイト

【theme : 新ドラマ
【genre : テレビ・ラジオ

tag : ハンチョウ 佐々木蔵之介 中村俊介 塚地武雅 黒谷友香

⇒comment

Secret

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
広告
新着情報
サイト内ランキング
ブログパーツ
FF14新生エオルゼア
相互リンク募集中
コメントかメールにて連絡をお願いします。
リンク
応援お願いします
b_02.gifブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングブログランキング【くつろぐ】アクセスアップ
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お小遣い稼ぎ
ブラウザゲーム
千年戦争アイギス オンラインゲーム かんぱに☆ガールズ オンラインゲーム
広告
最新ゲーム
ブログ
iPad
楽天
その他