「高校生レストラン」第1話 感想 ネタバレあり

「高校生レストラン」第1話を観ました

実際にあるクラブをモデルにしているのですが、その料理風景をニュース番組で見たことがあり興味があったので観ました。

松岡のドラマを久々に観ました。

初心者の集まりである料理倶楽部を一流に育てていくストーリーなのですが、面白かったです。

汚い厨房だったり、遊び感覚の生徒がやめたりと、妙にリアルな設定で良かったです。

カリスマ的な扱いの松岡ですが、銀座の料亭をクビになった風だったので、5話目ぐらいで一波乱ありそうですね~

ストーリー
銀座の一流料亭の板前・村木新吾(松岡昌宏)は、
幼なじみの町役場職員・岸野宏(伊藤英明)に頼まれ、
出身地・三重県にある相河高校の臨時教師となる。
岸野は町おこしの一環として“高校生レストラン”をオープンさせようとしており、
新吾は調理指導を頼まれたのだ。
調理クラブの部員は30人ほど。そのなかには実家が定食屋でクラブのなかでも
一目置かれている3年生の坂本陽介(神木隆之介)や、
彼を慕う2年生の米本真衣(川島海荷)らもいた。

新吾が厨房を訪れると、調理クラブの面々は思い思いに
ハンバーグやクレープなどを作っていた。
だが床は汚れ、食材は無駄に使われ、まるで文化祭ノリだ。
それを見た新吾は挨拶もそこそこに、まず陽介の天ぷらにダメ出しをする。
さらに新吾は部員たちを叱りつけた。
「まずは掃除だ。嫌な者は帰っていいが、その代わり明日から来なくていい」

新吾の態度に、生徒たちは次々に出て行ってしまう。
残ったのは陽介と真衣を含む約半数の18人。
そして掃除の後、陽介は新吾に自分の天ぷらがダメな理由を聞く。
新吾の答えは意外なものだった。
「君は左利きだな。包丁も菜箸も右手で使えるようになれ」――。
陽介は考え込むが「なんやしらんけど、あの先生は本物の匂いがする」と、
新吾についていくことを決める。

ある土曜日、オープンに向けたシミュレーションが行われることになった。
新吾が決めたメニューは地元名産の伊勢芋を使った「とろろうどん」。
陽介は新吾の指示通りにダシを作る係に命じられる。
そして、シミュレーション当日。
新吾と部員たちの間に決定的な亀裂が入る出来事が起きる--!


出演者
松岡 昌宏
吹石 一恵
神木隆之介
川島 海荷
平田 満
金田 明夫
柴本 幸
伊藤英明

関連記事
スポンサーサイト

【theme : 新ドラマ
【genre : テレビ・ラジオ

tag : 神木隆之介 松岡昌宏 吹石一恵川島海荷 伊藤英明

⇒comment

Secret

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
広告
新着情報
サイト内ランキング
ブログパーツ
FF14新生エオルゼア
相互リンク募集中
コメントかメールにて連絡をお願いします。
リンク
応援お願いします
b_02.gifブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングブログランキング【くつろぐ】アクセスアップ
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お小遣い稼ぎ
ブラウザゲーム
千年戦争アイギス オンラインゲーム かんぱに☆ガールズ オンラインゲーム
広告
最新ゲーム
ブログ
iPad
楽天
その他